一人暮らし大学生向け!料金が安い新電力ランキング

大学生向け!スマホ代を安くする方法

一人暮らしをしている大学生の中には、電気代を節約するために安い会社に乗り換えたい方もいることでしょう。

そこで今回は、一人暮らしの方の新電力会社選びのポイントや、利用するのにおすすめの新電力会社などを紹介します。

電気料金を安くしたいなら新電力会社がおすすめ

新電力とは、電力の小売全面自由化以降に参入した電力会社のことを指します。

かつては東京電力や関西電力といった大手電力会社のみが電力の小売を行っていましたが、2016年に電力の小売が自由化されてからは、さまざまな会社が電力の小売を行うようになっています。

新電力への乗り換えがおすすめの理由となるのが、大手電力会社よりも料金が安くなる場合があることです。

電力の小売が自由化されたことで、価格面での競争が行われるようになり、料金プランの安い新電力が多数登場しています。

また、新電力では利用者を獲得するため、料金プランやサービス内容を充実させています。

そのため、自分に合った料金プランやサービスが選びやすいことも新電力の魅力と言えます。

大学生が無理なくできる節約術12選はこちら

一人暮らしの方が新電力会社を選ぶポイント

基本料金が安いか

一人暮らしの方が新電力会社を選ぶポイントのひとつは、基本料金が安いことです。

基本料金とは、電気の使用量に関わらず毎月一定の金額が発生する料金のことです。

一人暮らしの大学生は電気の消費量があまり多くないので、基本料金の金額によって電気代が大きく変わってきます。

基本料金が安く設定されている新電力や、基本料金無料で利用できる新電力を選ぶことをおすすめします。

第一段階の料金がいくらか

一人暮らしの方が新電力会社を選ぶポイントとなるのが、第一段階の料金がいくらかということです。

電気の料金は使用量が増えると段階的に高くなる従量料金制となっています。

しかし、一人暮らしでは第二段階以上の消費量になることはほとんどありません。

そのため、従量料金の第一段階が安く設定されている新電力を選ぶ方が、電気代を安く抑えやすいです。

自分の住んでいる地域に対応しているか

一人暮らしの方が新電力会社を選ぶポイントとして、自分の住んでいる地域に対応しているかが挙げられます。

新電力会社はそれぞれ提供エリアが決まっているため、自分が住んでいる地域がエリア外になっている場合は、そもそも利用することができません。

対応エリアは各社のウェブサイトから確認できるので、前もってチェックしておきましょう。

一人暮らしの方におすすめの料金が安い新電力5選

Looopでんき

公式:https://looop-denki.com/home/

<基本料金>

30A無料
40A無料
50A無料
60A無料

<従量料金>

~120kWh30分ごとに変動
121kWh〜300kWh30分ごとに変動
301kWh〜30分ごとに変動

<特徴・おすすめポイント>
Looopでんきは、基本料金無料で利用できる新電力会社です。

電気の使用量に関わらず基本料金がかからないため、一人暮らしで電気をそれほど使わない方がお得になりやすいです。

また、従量料金が30分ごとに変動するので、料金の安い時間帯に電気を使うことで料金を抑えることができます。

電力会社の送電網を使用するため、電気の品質も高く安心感があります。

ONEでんき

公式:https://onedenki.jp/

<基本料金>

30A無料
40A無料
50A無料
60A無料

<従量料金>

~120kWh28.8円
121kWh〜300kWh28.8円
301kWh〜28.8円

<特徴・おすすめポイント>
ONEでんきは、株式会社グランデータが提供する新電力です。

基本料金が0円なので、電気を使った分の料金しか発生せず、電気代を安く抑えやすいです。

また、従量料金が電気の使用量に関わらず一律なため、電気の使用量が多いほどお得になるという特徴もあります。

初期費用が無料なので、他の電力会社からの乗り換えもしやすくなっています。

auでんき

公式:https://www.au.com/energy/

<基本料金>

30A885.72円
40A1,180.96円
50A1,476.20円
60A1,771.44円

<従量料金>

~120kWh29.99円
121kWh〜300kWh36.59円
301kWh〜40.68円

<特徴・おすすめポイント>
auでんきは、スマホキャリアとして有名なKDDI株式会社が運営する新電力サービスです。

auのスマホとセットで契約することで料金が割引されるため、auユーザーが利用しやすい新電力となっています。

また、電気料金や検針票を確認できるアプリが配信されているため、節電のために電気の使用状況を把握したい方が利用するのもおすすめです。

おうちでんき

公式:https://www.softbank.jp/energy/special/ouchi-denki/

<基本料金>

30A885.72円
40A1,180.96円
50A1,476.20円
60A1,771.44円

<従量料金>

~120kWh30.00円
121kWh〜300kWh36.60円
301kWh〜40.69円

<特徴・おすすめポイント>
おうちでんきは、通信事業で知られるソフトバンクが提供する新電力サービスです。

ソフトバンク及びワイモバイルのスマホを契約している方はセット割の対象となり、お得に利用することができます。

初期費用0円で乗り換えることができ、工事なども不要となっています。

乗り換えても電気の品質はそのままなので、安心して利用できるでしょう。

TERASELでんき

公式:https://www.terasel.jp/

<基本料金>

30A885.72円
40A1,180.96円
50A1,476.20円
60A1,771.44円

<従量料金>

~120kWh30.00円
121kWh〜300kWh34.46円
301kWh〜35.84円

<特徴・おすすめポイント>
TERASELでんきは、株式会社エネクスライフサービスが提供する新電力サービスです。

毎月の電気代に応じて楽天ポイントが還元されるので、楽天ユーザーに特におすすめです。

また、契約時の特典として、Amazonギフト券やAppleギフトカード、Huluチケットなどから好きなものを選んで受け取ることができます。

電力会社や料金プランを比較する際の注意点

契約内容(契約アンペア数と利用量)を確認する

電力会社や料金プランを比較する際の注意点のひとつは、契約内容(契約アンペア数と利用量)を確認することです。

電力会社との契約ではアンペア数を自分で決める場合があり、アンペア数を低く設定しすぎると電気を多く利用したときにブレーカーが落ちやすくなります。

新電力に乗り換える際は、現在の契約アンペア数や利用量を確認した上で、問題なく使えるアンペア数で契約しましょう。

自分の使い方に合った料金プランを比較する

電力会社や料金プランを比較する際の注意点となるのが、自分の使い方に合った料金プランで比較することです。

現在の電気の利用状況をチェックして、同じ条件で使用した場合に安くなる料金プランを選び、比較しながら検討しましょう。

一見安いように見える料金プランであっても、プランの内容が自分の使い方に合っていないと余計な費用がかかり、かえって高くなる可能性もあります。

エリア別に安い電力会社を比較する

電力会社や料金プランを比較する際の注意点として、エリア別に安い電力会社を比較することが挙げられます。

電力会社にはそれぞれ対応エリアがあるので、自分が住んでいるエリアに対応する新電力に絞って、料金プランの安いものを探してみましょう。

いくら料金が安くても、対応エリア外では利用することはできません。

大学生向けの新電力会社のまとめ

今回は、一人暮らしの大学生におすすめの新電力会社を紹介しました。

電気代が気になる方はぜひ新電力会社に切り替えて、電気代を節約しましょう。

新電力会社を選ぶポイントや注意点も取り上げたので、それらも参考にしてください。

-節約術